口内炎は梅干しで治るって本当?口内炎を起こす原因と対策と梅干しによる効果

最終更新日:

口内炎は梅干しで治るって本当?口内炎を起こす原因と対策と梅干しによる効果

口内炎に悩む人々は少なくありません。

ストレスや疲労、免疫力の低下などが原因で口内炎が発生することが多いですが、痛みが伴うため早期の完治をしたいところです。

実は、梅干しを用いて口内炎を治りやすくすることができます。

本記事では、口内炎を治りやすくする際に梅干しがおすすめの理由と、効果的な梅干しの選び方を紹介します。

さらに、口内炎が発生する原因や自宅でできる予防法についても解説しますので、口内炎でお悩みの方はぜひ参考にしてください。

口内炎を治りやすくするには実は梅干しが最適

口内炎を治りやすくするには実は梅干しが最適です。

口内炎ができるとドラッグストアに行き薬を購入している方も多くいると思います。

しかし身近にある梅干しで、口内炎は治りやすくなります。

理由を詳しく解説していきます。

梅干しで口内炎が治りやすくなる理由

梅干しで口内炎が治りやすくなる理由に、梅干しには抗菌・抗炎症作用があり、これらの効果が口内炎の症状を和らげ、治りを早めることが期待されます。

梅干しに含まれるクエン酸やポリフェノールなどの成分が、口内の細菌の増殖を抑制し、炎症を抑えることができるためです。

さらに、梅干しに含まれるクエン酸は、唾液の分泌を促し、自然治癒力を高める効果もあります。

口内炎を治りやすくするには殺菌作用のある梅干しを患部に貼りつけると効果的です。

梅干しで口内炎が悪化することはないのか

ただし、梅干しを用いて口内炎を治療する際には、注意が必要です。

抗酸化作用がある梅干しを患部に貼ることで、口内炎が治りやすくなるとされていますが、患部がひどく炎症している状態で塩分が強い梅干しを使用すると、逆に痛みが増すことがあります。

これは、傷口に塩を塗り込むのと同様の状況と言えます。

そのため、梅干しを患部に貼り付ける際は、染みるかどうかを確認しながら慎重に行うことが大切です。

梅干しに含まれている栄養素

梅干しは、多くの有益な栄養素を含む健康食品として知られており、疲労回復や新陳代謝を促すクエン酸、抗酸化作用や抗菌作用があるポリフェノール、骨や歯の健康に必要なカルシウムなどがあります。

さらに腸の働きを整える食物繊維、抗酸化作用やエネルギー代謝、免疫力の向上に寄与するビタミンA、ビタミンB群などが含まれています。

適度に梅干しを摂取することで、これらの栄養素をバランスよく摂ることができます。

梅干しに含まれている栄養素をより詳しく知りたい方は以下の記事をご参考にしてください。

参考:梅干しの栄養は?梅干しに含まれている栄養素と梅干しの選び方について解説

参照:日本食品標準成分表2020年版(八訂)

口内炎の治りを早くしたいときにおすすめの梅干し

口内炎を治りやすくしたいときにおすすめの梅干しを3つ紹介します。

1つ目は種なしの甘口梅干しです。

種なし甘い干し梅(はちみつ入)150g

価格 1,300円(税込)
内容量 150g
特徴 はちみつ入りのしっとり甘口干し梅

名前の通り種のない甘い梅干しです。

種がないので口内炎の患部に貼り付けるのも簡単にできます。

塩分はそれほど強くなくしっとり甘口なので塩分の強い梅干しが苦手な方にもおすすめです。

2つ目は昔ながらのすっぱさが前面に出ている梅です。

昔ながらの梅福茶梅(白干し)500g

価格 1,782円(税込み)
内容量 500g
特徴 海水塩で塩漬けし、天日干しで仕上げたシンプルな梅干し

昔ながらの梅福茶梅は、昔からの製法で漬けた梅干しです。

余計な物は一切入っていないので安心して口にできます。

3つ目は塩分控えめに作られた梅干しです。

あまちゃづる入みなべの梅500g

価格 2,160円(税込)
内容量 500g
特徴 酸味と甘味のバランスが絶妙で上品な味わいの梅干し

「あまちゃづる」とともに漬け込んだ塩分控えめな梅干しは、素材の良さが生きています。

リピータが多い人気商品で、口の中に入れていても嫌なすっぱさがありません。

口内炎が起こる原因

口内炎が起きる原因は5つあります。

  • 免疫力の低下
  • ビタミン不足
  • 不衛生な口内環境
  • 傷の発生
  • 病気の症状

それぞれについて詳しく説明していきます。

免疫力の低下

免疫力の低下が口内炎の原因となることがあります。

人の体は、外部から侵入するウイルスや細菌と戦う力を持っていますが、ストレスや疲労が蓄積されると免疫力が低下します。

その結果、ウイルスや細菌との戦いに勝てず、肌荒れや口内炎のような症状が現れることがあるのです。

ビタミン不足

ビタミン不足が口内炎の原因となることがあります。

粘膜の健康、特に口内の健康にはビタミンが重要な役割を果たしています。

また、激しい運動やストレスによってビタミンが消費され、不足することがあります。

バランスの良い食事を摂ることでビタミンを補給できますが、ビタミン不足が続くと口内炎が発生することがあるので食生活には注意して下さい。

不衛生な口内環境

口内炎は不衛生な口内環境が原因で引き起こされることがあります。

健康な状態では唾液が適切に分泌され、粘膜を保護し修復する働きがあります。

しかし、唾液の分泌が不足すると、粘膜の保護機能が低下し、口内炎が発生しやすくなります。

さらに、喫煙などが原因で口内環境が不衛生になると、口内炎のリスクが高まります。

傷の発生

傷が発生することが、口内炎を引き起こす要因の一つです。

口の中には様々な菌が存在し、互いに抑制しながら口内環境を保っています。

しかし、口内に傷ができると、バランスが崩れて細菌が繁殖しやすくなります。

その結果、粘膜に傷がついた部分が細菌に感染し、口内炎が発生することがあります。

病気の症状

口内炎が病気の症状として現れることもあります。

例えば、一度治ったと思っても再び口内炎が発生したり、長期間治らない口内炎が続く場合は、体が何らかの不調を訴えている可能性があります。

私たちの口の中には多くの菌が存在し、病気が発生すると菌のバランスが崩れ、正常な口内環境を維持できなくなることがあります。

このような状態で口内炎が発生することは、体が病気であることを示していると考えられます。

参照:日本医師会「健康の森

自分でできる口内炎予防

自分でできる口内炎予防があります。

口内炎は一度できてしまうと治りにくく、違和感があり快適な生活が送れなくなります。

なので、口内炎が発生する前に自分でできる予防策を取ることが最も重要です。

自分でできる口内炎予防は3つあります。

  • バランスの良い食生活
  • 十分な睡眠の確保
  • 口内を清潔に保つ

それぞれについて詳しく説明していきます。

バランスの良い食生活

口内炎を予防するためには、健康な体を保つことが大切です。

そのためには、バランスの良い食生活が欠かせません。

口内炎を作らないためには、ビタミンが必要不可欠です。

ビタミンが不足すると口内炎を引き起こしやすくなるので、毎日の食事で積極的にビタミンを摂取できるような献立を作って下さい。

十分な睡眠の確保

口内炎を予防するためには、十分な睡眠を確保することが大切です。

疲労が蓄積されるとストレスになり、口内炎ができやすくなります。

睡眠は疲れを回復させるために不可欠なものです。

良い睡眠をとるためには、十分な睡眠時間が必要です。寝る前にパソコンやスマホを使用するのを控え、リラックスした状態で眠りにつくことが大切です。

もし睡眠時間を十分に確保できない場合には、昼間の隙間時間に10分程度の仮眠をとることも有効です。

十分な睡眠を確保し、ゆっくりと休むことで口内炎を予防することができます。

口内を清潔に保つ

口内炎を予防するためには、口の中を清潔に保つことが大切です。

口内環境が悪くなると、雑菌が繁殖し口内炎を引き起こすこともあります。

そこで、歯磨きやうがいをしっかり行い、口の中を清潔に保つことが重要です。

また、口の中が乾燥していると口内炎ができやすくなるため、こまめな水分補給も重要です。

特に、食事の後には歯磨きをするように心がけて下さい。

朝晩の歯磨きだけでなく、昼間や外出先でも口内環境を清潔に保つために、うがいをすることもおすすめです。

口内炎を予防するためには、日常生活の中で口の中を清潔に保ち、乾燥を防ぐことが大切です。

参照:群馬大学医学部附属病院外来化学療法センター「口内炎への対処方法

梅干しで口内炎の治りを早めよう!

口内炎の治療方法には様々なものがありますが、中には市販の薬や塗り薬でも改善されない場合もあります。

そんな時におすすめなのが梅干しです。

梅干しに含まれるクエン酸には、殺菌効果があります。

そのため、口内炎の患部に梅干しを張り付けると、早く回復することができます。

ただし、塩分の強い梅干しを張り付けると、悪化する恐れがあるので、患部の状態を確認してから使用するようにして下さい。

もし梅干しを探している方がいらっしゃれば、ぜひプラムレディの梅干しを試してみてください。