梅エキスに副作用はある?摂取量の目安やおすすめの飲み方・使い方も紹介

最終更新日:

梅エキスに副作用はある?摂取量の目安やおすすめの飲み方・使い方も紹介

梅エキスは古くからその驚くべき健康効果が称えられ、さまざまな料理や飲み物に使用されてきました。

その豊富な栄養価と抗酸化物質は、健康とウェルビーイングの強化に寄与します。

しかし、そのような梅エキスには副作用があるのでしょうか?また、どれくらいの量を摂取すべきなのでしょうか?さらには、最もおすすめの飲み方や使い方は何なのでしょうか?

この記事では、これらの疑問に答え、梅エキスの安全な摂取と最大限の利用法について解説します。梅エキスに副作用があるか気になっている方は、ぜひ参考にしてください。

梅エキスとは

梅エキスは、梅の果実を加工して作られる液体であり、酸味と爽やかな風味が特徴です。

通常は果汁や果肉を濃縮・抽出して作られ、料理や飲み物に使用されることが多いものです。

梅エキスは、調味料や飲料、スイーツなどの製造に使用される他、健康食品やサプリメントとしても利用されます。

梅エキスは、梅の持つ酸味を活かし健康効果も期待できるものです。

梅エキスに含まれる成分

梅エキスには健康や美容に貢献する成分が豊富に含まれています。

主な成分には、有機酸、ミネラル、ポリフェノールなどがあります。

成分 効果
クエン酸 消化促進効果や疲労回復効果
カルシウム・鉄 骨や歯の健康維持や血液の酸素運搬
食物繊維・複数のアミノ酸 消化を促進し、腸内環境の改善や便秘の緩和
ポリフェノール 細胞の老化や疾病の予防

梅エキスについて、より詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

参考:梅エキスに含まれる成分とは?期待できる効果・いつ飲むのがベストかも紹介

梅エキスに副作用は?摂取量に決まりはある?

梅エキスはその豊富な栄養成分から、健康維持に役立つ一方で、副作用については特に報告されていません。

しかしながら、どのような食品やサプリメントでも同じですが、過剰な摂取は避けるべきです。製品が推奨する摂取量の指示に従うことが健康を維持する上で重要となります。

また、梅エキスにはクエン酸という成分が含まれており、これを空腹時に摂取すると胃に負担をかける可能性があります。

特に胃腸が弱い方や子供たちにとっては、空腹時の摂取は避けたほうが無難です。

さらに、新たに梅エキスを摂取し始めて何か違和感を覚えたときには、その摂取を控えてみることをおすすめします。

梅エキスは一般的には安全で、多くの人々に健康効果をもたらしますが、個々の体質や体調により効果が異なることもあります。

そのため、自分に合った適切な摂取量を守ることが大切です。

出典:健栄製薬「健康維持のための飲み方は?

梅エキスに期待できる嬉しい効果・効能

梅エキスには消化促進、抗酸化、疲労回復、整腸などさまざまな嬉しい効果・効能があります。

第一に、梅エキスには消化促進効果があります。梅に含まれるクエン酸は、消化酵素の働きを活性化させ、食欲増進や胃腸の働きを促進させることが可能です。

これにより、食事の消化や栄養吸収がスムーズに行われ、胃もたれや消化不良の緩和に役立ちます。

第二は、梅エキスの持つ抗酸化作用です。ポリフェノールなどの成分が、体内の活性酸素を除去することで細胞の酸化を抑制し、老化や病気の原因とされる酸化ストレスを軽減します。

これにより、肌のハリや弾力の維持、免疫力の向上、疾病予防などの美容・健康効果が期待できます。

更に、梅エキスには疲労回復効果も期待できるので、疲れている方にもおすすめです。ミネラルの補給によって体力の回復を助け、ストレスや疲労による体調不良の改善に役立ちます。

その他、梅エキスには整腸効果もあります。梅に含まれる食物繊維や乳酸菌が腸内環境を整え、便通を改善する効果があるのです。

これにより、便秘の緩和や腸内フローラのバランスを整えることができます。

梅エキスの効果について詳細に知りたい方は以下の記事も参考にしてください。

参考:おすすめな梅エキスの選び方は?梅エキスの効果や使い方を徹底解説!

梅エキスのおすすめの飲み方・使い方

梅エキスはどうやって飲むのが良いか、また、食べ物に合わせて使う場合の方法など、具体的に見ていきましょう。

  • そのままスプーンで飲む
  • お湯で割る
  • はちみつと混ぜて炭酸で割る
  • ヨーグルトにかける
  • おかゆに加える
  • 醤油にまぜる
  • ドレッシングにする

以下でそれぞれ解説します。

そのままスプーンで飲む

梅エキスを飲む方法の1つに、スプーンを使って直接飲む方法があります。

梅エキスは濃縮した液体であるため、少量をスプーンで取り上げ、そのまま口に入れて摂取することが可能です。

ただ、濃い味わいが特徴的なので、この方法は濃厚な味わいを楽しむことができる人におすすめです。

また、酸味が強いため一度に多量に飲むのではなく、少しずつ摂取することを心掛けてください。

お湯で割る

温かい梅エキスドリンクを作るためには、お湯で割る方法がおすすめです。

以下の方法で作ることができます。

  • 適量の梅エキスをカップに入れる
  • 熱湯を注ぎ、よくかき混ぜる
  • 梅エキスが溶けて均一な混合物になるまで混ぜる
  • 数分間蒸らす

お湯によってエキスが薄められ、酸味と甘みが良いバランスになります。梅特有の酸味がある一方で、お湯によってその味わいがまろやかになるのです。

これにより、爽やかな甘さと酸味が調和した味わいが口中に広がります。

特に冷えた体を温めるためや、寒い季節には、この温かい梅エキスがぴったりです。

はちみつと混ぜて炭酸で割る

梅エキスには、はちみつと炭酸水を使って飲む方法もあります。

作り方は以下です。

  • 必要な分量の梅エキスとはちみつをグラスに入れる
  • よく混ぜ合わせる
  • 冷たい炭酸水を加えて軽く混ぜる

よく混ぜることで、梅エキスの酸味を適度に和らげ、はちみつの甘さを引き立てます。重要なのは、泡立ちに注意しながらゆっくりと混ぜることです。

完成したドリンクは、梅エキスの風味がひろがり、甘酸っぱさと炭酸の爽快感が結びついた味わいを楽しむことができます。特に暑い夏の日や食事の際におすすめです。

ヨーグルトにかける

ヨーグルトに梅エキスを加える方法は、美味しく手軽に摂取するのに最適な方法です。

具体的な作り方は以下です。

  • ヨーグルトをボウルに入れる
  • ヨーグルトの上に適量の梅エキスを加える
  • スプーン等を使ってよく混ぜる

梅エキスの甘酸っぱさがヨーグルトに加わり、梅特有の風味が口いっぱいに広がります。

更に、自分好みにアレンジを加えることも可能です。フルーツ、ナッツ、グラノーラなどをトッピングすることで、風味や食感の変化を楽しむことができます。

ぜひ自分にあったトッピングを探してください。

おかゆに加える

おかゆに梅エキスを加える方法は、独特の風味と栄養価を上げる効果的な方法です。

具体的な作り方を以下で解説します。

  • おかゆを炊く際に適量の梅エキスを加える
  • よく混ぜる

梅エキスを加えることで、梅の酸味とおかゆのまろやかさが見事に調和し、食べやすくなります。

これは、特に体調が悪い時や食欲が減退した時におすすめです。梅の酸味がおかゆの淡泊な味を引き立て、食欲を増進します。

さらに、梅エキスは消化を促進する効果があり、胃腸の負担を軽減する可能性があります。梅はミネラルが豊富であるため、栄養補給にも役立つため、おすすめです。

醤油にまぜる

梅エキスを醤油に混ぜる方法は、独特の風味と旨味を楽しむおすすめの使い方です。

具体的な作り方は以下です。

  • 適量の梅エキスを醤油に加える
  • よく混ぜる

梅エキスを醤油に混ぜることで、醤油の味に梅の酸味とフルーティーな風味が加わります。

この組み合わせは、日本料理や和食の料理におすすめです。梅の風味が料理全体に広がり、さわやかで爽やかな味わいを楽しめます。

ドレッシングにする

梅エキスを使ったドレッシングは、さわやかな酸味とフルーティーな風味が特徴です。

具体的な作り方は以下です。

  • 適量の梅エキスをオリーブオイルやごま油、酢などのベースに加える
  • よく混ぜる
  • お好みで醤油やはちみつ、おろししょうがなどの調味料を加える
  • 調味料とよく混ぜ合わせる

梅エキスをドレッシングに加えることで、酸味とフルーティーな香りが広がります。

これらを組み合わせることで、一般的なドレッシングとは一味違った、梅エキス特有の風味を存分に楽しむことができます。

梅エキスを飲むタイミング

梅エキスを摂取するタイミングに厳密なルールは存在しませんが、特定のタイミングを選ぶことでその効果を最大限に引き出すことができます。

ただし、梅エキスはクエン酸を豊富に含むため、空腹時に飲むと胃酸の分泌が増えて胃に刺激を与える可能性があります。

そのため、胃への負担を考慮して、食事後やおやつの時間に摂取することがおすすめです。

梅エキスの飲むタイミングについて知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

参考:梅エキスの飲み方のおすすめは?飲むタイミングや飲み方について梅エキス生産者が徹底解説

梅エキスの保存方法

梅エキスの一般的な保存方法は、直射日光や高温多湿を避け、冷暗所で保存することです。

密封された瓶や容器に入れ、冷蔵庫の野菜室や冷蔵室で保存すると劣化を防ぎます。

開封後は風味や品質が変化する可能性があるため、なるべく早めに使い切ることが望ましいです。

また、取り扱いの際には清潔なスプーンを使用し、直接手で触れることは避けてください。

梅エキスは自分で作れる?

梅エキスは自分で作ることができます。

以下で、梅エキスの作り方について解説するので、参考にしてください。

梅エキス作りに必要な材料

梅エキスを作るのに必要な材料は以下です。

<材料>
・大小のボウル(プラスチック製)
・大きめのバット(プラスチック製)
・キッチンペーパー
・爪楊枝
・おろし金(プラスチック製)
・清潔な布巾
・鍋(ホーロー製か土鍋)
・アクすくい
・煮沸用の鍋(保存用の瓶がすっぽり埋まるくらいのサイズ)
・保存用の蓋付きの瓶
・トングもしくは菜箸

また、おろし器は金属製のものは避ける、ホーロー製の鍋で加熱するのが好ましいです。

梅エキス作りの手順

梅エキスを作る場合、以下の手順が必要です。

①青梅の下準備
②梅をすりおろし絞る
③果汁を煮詰める
④熱湯消毒した瓶に詰める

作り方の詳細な手順は以下の記事で紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

参考:【梅専門店直伝】梅エキスの作り方を紹介!

梅エキスは副作用の心配なし!プラムレディで日々の摂取で健康を維持しよう

副作用の心配がないことが分かった梅エキスですが、プラムレディの梅エキスは、安心・安全の品質は折り紙付きの梅エキスです。

梅エキスにはさまざまな健康効果があるので、気になる方はぜひ試してください。

また、プラムレディでは梅エキス以外にも豊富な種類の梅干しを販売しています。自分に合った梅干しを探してくださいね。