梅はどこで購入する?おすすめの時期と梅の購入先とは?

最終更新日:

梅 美味しい

梅は全国のスーパーや百貨店などで購入が可能です。青梅は5月下旬から、完熟梅は 6月中旬から店頭に並び始め、店頭で見つけられなかった場合はネット通販でも購入ができます。

また、美味しい梅は熟度などで保存方法が異なります。梅の表面に傷がないものは梅干しに、傷がついたものは梅シロップなどに加工するのがおすすめです。

今回は、梅の購入先などについてご紹介します。梅が販売される時期や保存方法、美味しい梅の見分け方などを解説しているため、梅の情報を集めている方はぜひ参考にしてください!
梅流し

梅はどこで購入する?

梅干しの購入ができる場所は、以下の表のとおりです。

スーパー 百貨店 その他
イオン

イトーヨーカドー

業務スーパー

成城石井

西友

マックスバリュー

伊勢丹

高島屋

大丸

阪急

三越

コンビニエンスストア

ドン・キホーテ

(Amazon・楽天市場)

道の駅

八百屋

ネット通販

梅はスーパーや百貨店などさまざまな場所で販売されています。店舗を回っても手に入れられない場合は、通販サイトを利用して購入する方法もあります。

量や粒の大きさ、価格などは各店舗で異なるため注意しましょう。

梅が販売される時期

梅の販売は、青梅と完熟梅で時期が異なります。それぞれの販売時期とおすすめの使用用途は、以下の表のとおりです。

梅の種類 販売時期 おすすめの使用用途
青梅 5月下旬から6月中旬 梅酒、梅シロップ、梅ジャム、カリカリ梅
完熟梅 6月中旬から7月初旬 梅味噌、梅ジャム、梅の甘露煮、梅干し

 

青梅は、5月下旬になると販売されます。爽やかな風味が特徴で、さっぱりした梅酒などをつくるのに適しています。

しっかりと固さのある実は、カリカリ梅づくりにもおすすめです。また、梅酒につけたあとの実は青梅ジャムやゼリーなどに活かすこともできます。

黄色い実が特徴の完熟梅は、6月中旬から7月初旬に店頭に並びます。柔らかい果肉と梅の芳醇な香りを活かして梅干しや甘露煮にすると良いでしょう。

店頭での梅の販売は、1年のなかでもごくわずかな期間しか販売されません。また、気候によって前後することもあり、店頭によって入荷時期が異なります。

入手時期を見極める必要がありますが、加工すれば長期保存でき1年を通じて梅の香りや美味しさを楽しむことができるでしょう。

梅を買った後の保存方法とは?

梅の保存方法は、購入時の梅の状態や使用時期によって異なります。ここでは、以下の項目に分けて詳しく解説します。

  • 固い青梅の場合
  • 完熟梅の場合
  • クール便で届いた梅の場合

固い青梅の場合

固い青梅は、常温で放置しておくと追熟効果でやわらかくなります。固い青梅をやわらかくしてから使いたい場合は、キッチンペーパーや新聞紙で梅を包み段ボールに入れ保管しましょう。

また、追熟が進んだ青梅は実の色が徐々に黄色く変化します。常温で2~3日放置させ、好みのやわらかさになったら加工しましょう。

青梅をすぐに加工しない場合は実をポリ袋に入れてしっかりと封をし、冷蔵庫の野菜室で保存するのがおすすめです。青梅は冷蔵庫で保存しても、次第に黄色っぽく熟していくため注意しましょう。

完熟梅の場合

やわらかい完熟梅は、冷蔵庫の野菜室で保存することで少しだけ日持ち効果が期待できます。ただし、実に冷気が当たらないよう新聞紙などでしっかりと包み、ポリ袋に入れましょう。

冷蔵庫に保管した梅は長くても2日程度で使い切るのがポイントです。

クール便で届いた梅の場合

クール便で梅を購入した際は、届いたらすぐに開封しましょう。

クール便で届いた梅の箱は、閉めた状態で放置すると外気と箱のなかで温度差が生じ、結露が発生します。結露は梅を傷める原因となるため、すぐに開封して換気をしましょう。

また、常温で届いた場合も、外気と箱のなかで温度差が生じている可能性があり、梅の果実から水分が漏れ、段ボールが湿ることがあります。常温の場合も、箱を開けなかを確認し箱の空気を入れ替えましょう。

美味しい梅の見分け方

美味しい梅の特徴は、主に以下のとおりです。

  • 実の表面にハリがある
  • 香りが良い
  • 傷や斑点がない

梅の実の表面にハリがあり、つややかで香りのよいものを選びましょう。傷や黒い斑点がある実は、傷んだところからカビが生える可能性があります。梅酢の濁りや苦味の原因につながることも。

実がきれいな梅は梅干しに、傷がついた梅は梅ジャムやシロップなどに活用しましょう。また、粒の大きさが揃った梅を選ぶと、加工をする際に漬け込みやすく便利です。

表面が茶色く変色した梅やぬるっとした肌触りのものは、加工するのを避けましょう。

梅を購入した際の注意点

梅の取り扱いでは、押さえておきたいいくつかの注意点があります。

  • 生の梅を食べると中毒を引き起こすおそれがある
  • 梅の保存は直射日光をさける
  • 冷蔵庫での保存は短期間
  • 冷凍保存も可能だが皮が破れやすい

注意点を把握しておけば梅を上手に加工することができ、トラブルを未然に防げるでしょう。それぞれのポイントを詳しく解説します。

生の梅を食べると中毒を引き起こすおそれがある

梅に含まれるアミグダリンは、体内で中毒症状を引き起こすおそれがあります。

アミグダリンは梅の実や種に含まれ、熟したり塩や砂糖などにつけたりすると加工過程で無毒化されていきます。1、2個程度なら心配ありませんが、生の状態で大量に摂取すると危険なため注意しましょう。

梅の保管は直射日光を避ける

梅は直射日光の当たる場所に放置するのはおすすめできません。

はやく追熟したいからと、直射日光の当たる暖かい場所で放置すると梅が傷む原因になります。ぶよぶよとした感触があり茶色く変色した梅は、加工するには不向きな状態です。

風通しの良い冷暗所などで管理し、ゆっくり時間をかけて追熟させましょう。

冷蔵庫での保存は短期間

梅を冷蔵庫で保管する際は、野菜室で短期間に留めるのがポイントです。

梅は、低温環境に弱い食材のため、通常の冷蔵室よりも温度が高めな野菜室での管理が向いています。冷蔵室の方が冷えて長持ちしそうですが、低温障害によるシミやシワの原因につながります。

冷蔵保管する場合は、野菜室を利用して短期間の使用を心がけましょう。

冷凍保存も可能だが皮が破れやすい

青梅や完熟梅は、冷蔵庫だけでなく冷凍保存も可能です。冷凍後損をすれば追熟を防げるため、すぐに梅を加工する必要がないなどのメリットがあります。

ただし、冷凍保存した梅は冷凍により組織が破壊されるため、解凍時は実が柔らかくなり皮が破けやすいです。

梅ジャムなど梅の形を残さない加工では問題なく楽しめますが、梅干しなどしっかりと梅の形を残したい場合には不向きな方法といえるでしょう。

つくりたい加工品に合わせて保存方法を決めると、負担なく梅干しの加工ができるでしょう。

梅の購入ならプラムレディがおすすめ

店頭で梅が購入できず梅をお探しの方には「プラムレディ」の「紀州南高梅」がおすすめです。ここでは、おすすめの理由を3つご紹介します!

  • 和歌山県産の美味しい梅が購入できる
  • 梅の熟度やサイズが選べる
  • ポイントサービスでお得に購入できる

理由➀和歌山県産の美味しい梅が購入できる

プラムレディの青梅・完熟梅は、和歌山県産の紀州南高梅。梅のなかでもとくに人気の高いブランドです。長年梅の栽培を手がけるベテラン農家さんが手作業で厳選した梅を産地直送でお届けします。

また、梅干しや梅酒、プレゼントにおすすめの食べ比べセットなどもご用意。飽きのこないラインナップでさまざまな梅製品が楽しめます。

肉厚な実と芳醇な梅の香りをお楽しみください。

理由➁梅の熟度やサイズが選べる

プラムレディで取り扱っている青梅や完熟梅商品は、お好みの梅のサイズや熟度が選べるのがポイントです。

梅のサイズは2L・3L・4Lの3種類をご用意。ご希望用途に合わせて熟度を選択できます。さらに、2㎏・5㎏・10㎏から量を選べるため、使用量に合わせて購入ができるのも大きなメリットです。

理由➂ポイントサービスでお得に購入できる

プラムレディでは、会員登録をすれば購入金額に応じてポイントが付与されます。貯めたポイントは1ポイント1円で利用できるため、さまざまな梅商品をお得に購入することができます。

また、今だけの初回購入キャンペーンを実施中!会員登録後、初回購入をして下さったお客様に300ポイントをプレゼントしています。

会員限定の割引セールやクーポンの配布などもあるため、この機会にぜひご活用ください!

美味しい梅を購入して芳醇な香りを楽しもう

梅は全国のスーパーや百貨店などで購入が可能で、青梅は5月下旬、完熟梅は6月中旬を目安に店頭に並び始めます。購入時の熟度などで保存方法が異なるため注意しましょう。

また、加工する際は、梅の表面に傷がないものは梅干しに、傷がついたものは梅シロップなどにするのがおすすめです。直射日光が当たる場所は避け風通しの良い冷暗所で保管し、冷蔵庫を利用する際は短期間に留めましょう。

店頭で梅が見つけられなかった場合はネット通販でも購入ができます。「プラムレディ」では厳選された青梅や完熟梅を取り扱っており、使用用途に合わせてサイズや熟度、量を選べます。

美味しい梅をお探しの方は、ぜひプラムレディの梅をお楽しみください!