梅酢の使い方は?簡単・美味しいおすすめレシピと使用方法を紹介!

最終更新日:

梅酢の使い方は?簡単・美味しいおすすめレシピと使用方法を紹介!

梅酢は梅干しを作る過程でできる液体のことです。

梅酢はドリンクとして飲む以外にも、料理に加えるなどさまざまな使い方ができます。

本記事では、梅酢の作り方を紹介した上で、梅酢の使い方やおすすめレシピ、梅酢の保存方法を解説します。

梅酢の使い方について知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

梅流し

梅酢とは

梅酢とは梅干しを作る過程で抽出される液体のことです。

梅酢は以下の手順で作ります。

  1. 梅をきれいに洗う
  2. ヘタを取り除き、水分をふき取る
  3. 道具を消毒する
  4. 梅と塩を交互に入れて漬ける
  5. 梅酢があがってくる

上記の手順で作られた梅酢を白梅酢といい、黄金色をしているのが特徴です。

梅干しを漬ける際、赤紫蘇を一緒に漬け込むことで赤梅酢となります。

白梅酢と赤梅酢は料理によって使い分けが可能です。

梅酢はさまざまな使い方ができる!おすすめレシピ12選

梅酢は調味料として料理の味付けに使用できます。

ここでは、梅酢の使用方法として、おすすめのレシピを12個解説します。

家庭で作った梅酢の使い方が分からない方や、市販の梅酢を使ったレシピを知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

梅酢ドリンク

白梅酢の使い方として代表的なのが梅酢ドリンクです。

甘味料をたっぷり入れることで梅酢ジュースにもできます。また、炭酸水で割って梅酢ソーダにするのもおすすめです。

その他、牛乳と割ってヨーグルト風味の梅酢ドリンクにするなど、さまざまな味わいを楽しめます。

<材料>
・梅酢
・割りもの(水、炭酸水、お湯、牛乳、豆乳など)
・必要に応じてはちみつなどの甘味料

<手順>

  1. 梅酢を割りもので割る(4〜5倍に薄めるようにすると良い)
  2. 甘さが欲しい場合は、はちみつなどの甘味料を入れる

作り方がシンプルなので、梅酢の使い方に迷っている方におすすめです。

玉ねぎの梅酢漬け

赤梅酢と玉ねぎを使ったお漬物のレシピです。

梅酢の酸味や塩味と玉ねぎの辛味の相性が良く、食欲を増進させてくれます。

<材料(2人分)>
・赤梅酢……45ml
・玉ねぎ(もしくは新玉ねぎ)……1個
・だし汁……100ml
・砂糖……小さじ1/2

<手順>

  1. 赤梅酢、だし汁、砂糖を鍋に入れて中火にかけ、合わせ調味料を作る
  2. 玉ねぎを半分に切って皮を剥き、5㎜〜1.5cmの好きな幅に切る
  3. 清潔な容器に玉ねぎと合わせ調味料を入れ、約1日(新玉ねぎの場合は6時間程度)漬ける

アレンジレシピとして、玉ねぎの他にキュウリやミョウガを漬けるのもおすすめです。

かつお節を振りかけると、うま味が増しておいしくなります。

大根の梅酢漬け

大根の梅酢漬けは、余った大根と梅酢を使って簡単に作れます。

白梅酢も使用できますが、赤梅酢を使うと大根がピンク色に染まり見た目が華やかになります。

<材料(2人分)>
・梅酢……大さじ2杯
・大根……150g
・砂糖……小さじ1杯

<手順>

  1. 大根の皮を剥き、いちょう切りにする(縦半分に切ってから切り口を下にして半分に切る方法です)
  2. 容器に梅酢と砂糖を混ぜて、15分程度大根を漬ける

さっぱりと美味しく食べられるので、ついつい手が伸びてしまう一品です。

大根と梅干しの組み合わせは、腸内環境を整える「梅流し」でも有名です。

白菜の梅酢漬け

白菜はカロリー控えめで水分の多い野菜です。

ヘルシーなレシピで、ダイエットを意識している方におすすめのレシピです。

<材料(2人分)>
・梅酢……大さじ1杯
・白菜……1/6株
・塩……少々
・すりごま……少々

<手順>

  1. 白菜を切り、塩を振って揉みこむ
  2. ジップロック付きの袋に梅酢と白菜を入れてすりごまを加える
  3. カサが減ったら水気を切って皿に盛り付ける

すりごまの他にも、とろろ昆布やかつお節を和えても美味しく食べられます。

生姜の梅酢漬け(紅生姜)

梅酢の使い方で迷った時は、紅しょうがを漬けるのもおすすめです。

生姜の梅酢漬けは、お好み焼きやタコ焼き、焼きそば、牛丼などさまざまな料理に使用できます。

<材料(2人分)>
・赤梅酢……150ml
・新生姜……250g
・塩……大さじ1/2杯

<手順>

  1. まず、生姜の下処理として、切り分けた生姜を水洗いする
  2. 生姜を皮ごと薄切りにして容器に移す
  3. 生姜に塩を振って混ぜ合わせ、容器に重石をのせて1時間置く
  4. 生姜の水気を絞ってせん切りにし、容器に移して梅酢を入れる
  5. 梅酢に漬けてから半日くらい経つと、生姜が鮮やかな赤色に染まる

赤梅酢を使うと紅生姜になりますが、白梅酢を使っても美味しく仕上がります。

生姜を薄切りにする時は、繊維に沿うようにすると歯ごたえがよくなります。

梅酢唐揚げ

梅酢で味付けをした唐揚げは、さっぱりとして美味しいです。

作り方も簡単なので、初心者向けにもおすすめです。

<材料(2人分)>
・梅酢……大さじ3杯
・鶏肉……300g
・すりおろし生姜……適量
・片栗粉……大さじ3杯
・揚げ油……適量

<手順>

  1. 鶏肉を一口大に切り、梅酢と生姜を揉み込み、冷蔵庫で30分以上寝かせる
  2. 水分を切って片栗粉をまぶし、170〜180℃で揚げる

食欲がない時に力をつけるレシピとしておすすめです。

手羽元の梅酢煮

鶏肉は牛肉や豚肉に比べて淡白ですが、手羽元を使うとよりあっさり仕上がります。

手羽元は手羽先よりも脂肪が少ないため、ダイエット効果も期待できます。

<材料(2人分)>
・梅酢……大さじ2杯
・鶏手羽元……6本
・サラダ油……小さじ1杯
・酒 大さじ……2杯
・みりん(もしくは醤油)……大さじ2杯
・水……大さじ3杯
・ゆで卵、チンゲン菜、大根……お好みで

<手順>

  1. 具材の下準備として、鶏手羽元に切り込みを入れ、チンゲン菜を水洗いして縦に切る
  2. サラダ油をフライパンに入れて中火で熱し、鶏手羽元とチンゲン菜をいためる
  3. チンゲン菜は火を通したら取り出す
  4. 梅酢、酒、みりん、水、大根を加えてフタをし、15分程度蒸し煮にする
  5. フタを外して強火にし、ゆで卵を入れて煮る
  6. 煮汁が減ったらチンゲン菜と一緒に皿に盛り付ける

大根を入れる場合は、いちょう切りにして下茹でしておくと、短時間で火が通ります。

梅酢やみりん、醤油などの味が染み込んで美味しくいただけます。

サバの梅酢煮

梅酢は魚の臭みを取る作用もあるため、魚料理との相性が抜群です。

特にサバのような青魚は臭いが気になりやすいため、梅酢煮にすると食べやすくなります。

<材料(2人分)>
・サバ……2切
・梅酢……大さじ1杯
・酒……大さじ2杯
・みりん……大さじ1杯
・醤油……大さじ1杯
・生姜……適量
・水……少々

<手順>

  1. サバに切れ目を入れ、梅酢に1〜2分漬ける
  2. 鍋に酒、みりん、醤油、生姜、水を入れる
  3. 煮立ってきたらサバを入れ、落し蓋をする

梅酢の酸でサバの骨が柔らかくなるため、お子さまやお年寄りの方も安心して食べられます。

梅酢そうめん

そうめんを食べ飽きてしまった時は、梅酢を使ったアレンジレシピに挑戦してください。

梅酢そうめんはさっぱりした味わいで、食欲がない時期でもつるつると食べられます。

<材料(2人分)>
・梅酢……50ml
・めんつゆ……50ml
・そうめん……2束
・大葉……2~3枚
・みょうが……1個
・白ごま……少々

<手順>

  1. 梅酢とめんつゆを合わる
  2. そうめんをゆでて、冷蔵庫で冷やす
  3. 梅酢めんつゆにそうめんを入れて、大葉、みょうが、白ごまをかける

作り方がシンプルなので、誰でも簡単に梅酢を活用できます。

梅酢×醤油のドレッシング

梅酢の使い方で人気なのがアレンジドレッシングです。

梅酢×醤油のドレッシングはあっさりしていて、さまざまな料理に合います。もちろん、野菜サラダにかけて食べても美味しいです。

<材料(2人分)>
・梅酢……大さじ2杯
・醤油……大さじ1~2杯
・好みのオイル……大さじ2杯
・紫蘇……少々
・すりごま……少々

<手順>

  1. 材料をすべて混ぜる

醤油の分量やオイルの種類によって、好みの味に調節することができます。

気分によって、または料理を食べる人に合わせてアレンジしてください。

酸味が欲しい時は、紫蘇の代わりにレモン汁を大さじ1杯加えても良いです。

冷やし中華の梅酢タレ

冷やし中華は酢醬油やごまだれで食べるのが一般的です。

味付けのバリエーションを増やしたい時は、梅酢タレとの組み合わせがおすすめです。

<材料(2人分)>
・梅酢……大さじ2杯
・酢(リンゴ酢、穀物酢)……大さじ2杯
・砂糖……小さじ4杯
・ごま油……小さじ4杯
・いりごま……少々

<手順>

  1. 梅酢、酢、砂糖、ごま油、いりごまをすべて混ぜる

完成した梅酢タレを、ゆでて冷やした麺にかければ美味しく食べられます。

また、きゅうりをせん切りに、ゆで卵を輪切りにしてトッピングすると見栄えが良くなります。

お好みで具材を増やせば、より豪華な冷やし中華を作れます。

梅酢のカルパッチョソース

カルパッチョを食べるのにも梅酢がおすすめです。

来客時に自家製梅酢を提供する方法としても最適です。

<材料(2人分)>
・梅酢……大さじ2杯
・オリーブ油……大さじ1杯
・フライドガーリック……お好みで

<手順>

  1. 材料をすべて混ぜる

おしゃれなカルパッチョソースを簡単に作れます。

タコのカルパッチョはもちろん、サーモンや鯛、玉ねぎを使ったカルパッチョにも合います。

このように、梅酢は本格的なアレンジ料理を作る際にも活躍してくれるので便利です。

梅酢は料理以外にこんな使い方もできる!

梅酢ドリンクや梅酢ドレッシングは、あくまでも梅酢の使い方の一例です。

梅酢は料理以外にもさまざまな使い方ができます。

ここでは、料理の味付け用途ではない梅酢の使用方法を3つ解説します。

  • うがい
  • 消毒用スプレー
  • 水垢掃除

うがいに使用する

梅酢うがいは風邪やインフルエンザを予防するのに効果が期待できます。

和歌山県田辺市とJA紀南による「紀州田辺うめ振興協議会」の研究により、梅酢ポリフェノールにはインフルエンザウイルスの増殖を抑える作用があることが分かりました。

また、日本防菌防黴学会誌においても、梅酢ポリフェノールの抗ウイルス作用について紹介されています。

梅酢は薬品ではないため、安全性も高いです。

ただし、梅酢は原液のままだと酸味が強くむせる可能性があります。

うがいに使用する時は、水で10倍程度に薄めて使うようにしてください。

出典 :JA紀南「梅酢にインフル抑制成分
出典:日本防菌防黴学会「日本防菌防黴学会誌

消毒用スプレーとして使用する

梅酢をスプレー容器に移せば、消毒用スプレーとして使うことも可能です。

梅酢にはクエン酸が含まれており、強力な殺菌効果が期待できます。

人間の唾液には食中毒菌を殺菌する作用がありますが、梅酢で調理器具や食器類を消毒すればより効果が期待できます。

梅酢の消毒用スプレーの作り方は以下です。

  1. スプレーボトルを用意します。(100円ショップの物で十分です。)
  2. ボトルに梅酢の原液を3分の1程度入れます。
  3. ボトルの3分の2程度の水を入れれば完成です。

市販の消毒用スプレーと違い、口に入っても安全なものなので、小さな子どもがいる家庭でも安心です。

出典:CiNii「梅に関する研究

水垢掃除に使用する

梅酢の消毒用スプレーは、お風呂やキッチンの水垢掃除にも使用できます。

クエン酸は酸性の性質をもつため、アルカリ性の汚れを落とすのに効果的です。例えば、カルシウムを含む水垢汚れや石鹸カス、尿石などが挙げられます。

酸性洗剤は市販されていますが、刺激が強いものだと肌荒れの原因になるのがデメリットです。

特に、トイレ用の酸性洗剤は酸性が強く、たんぱく質を分解する作用があるため、手荒れなどを起こす可能性があります。

その点、梅酢のスプレーは肌にやさしいため、安心して使用できるのがメリットです。

ただし、梅酢には多量の塩分が含まれているため、金属だと錆びの原因になります。金属性の物への使用は避ける、目立たない個所で試してから使用するなど対策が必要です。

出典:CiNii「クエン酸によるカルシウム系汚れの洗浄に関する消費者情報の実験的検証

梅酢の保存方法

梅酢を長く使用するには、適切に保存する必要があります。

梅酢を保存するのに重要な要素となるのが以下の2点です。

  • 保管容器
  • 保管場所

この2点をしっかり抑えれば、梅酢を長期間保存しておくことが可能です。

以下で詳しく解説します。

保管容器

梅酢が空気に触れると雑菌が繁殖し、腐りやすくなります。

梅酢を保管する際は、密閉性の高い容器に入れるのがおすすめです。金属製の容器は梅酢の酸により変色してしまう恐れがあるため使用しないでください。

容器自体はガラス製でも、フタが金属製のものもあるため注意が必要です。

保管場所

梅酢を常温で保存するか、冷蔵庫で保存するか迷う方は多いです。

昔ながらの製法で作られた梅酢は、塩分濃度が高いため、常温で保存できます。

直射日光の当たらない冷暗所で保管すれば問題ありません。

ただし、塩分濃度が低い梅酢は塩分濃度が高い梅酢に比べて雑菌が繁殖しやすいため、冷蔵庫での保管がおすすめです。

減塩タイプの梅酢は、冷蔵庫で保存した場合でも賞味期限は半年程度です。

健康にも良い梅酢で美味しい料理を作ってみよう!

梅酢はダイエット効果が期待できて健康にも良いため、近年人気を集めています。

梅酢の使い方で迷った際は、今回紹介したレシピを参考にして料理を作ってみてください。

また、梅酢は簡単に作れますが、梅の種類や漬ける日数が味に影響してしまいます。

手軽に梅酢を楽しみたい方は、ぜひプラムレディの梅酢をお試しください。

プラムレディの梅酢は、日本の最高級品種で知られる紀州南高梅を使用しています。

毎日のお料理に使うのに便利な一品です。この機会にお求めください。