梅流しの危険性は?やばいと言われる理由・安全な食べ方を紹介!

最終更新日:

梅流しの危険性は?やばいと言われる理由・安全な食べ方を紹介!

梅流しの危険性について不安を感じている方は多いです。

ネット上では、「梅流しは痩せる」「梅流しで便秘が解消した」という体験談を多く見かけます。

その一方で、「梅流しはやばい」「梅流しが効かなかった」という感想もあるのが事実です。

本記事では、梅流しの危険性ややばいと言われる理由や安全な食べ方についてご紹介します。

過去に梅流しを試したことがある人で、効果がなかった人や失敗したという人もぜひ参考にしてください。

梅流しとは

梅流しとは、大根と梅干しを一緒に煮込み、煮汁ごと食べる食事療法のことです。

腸内に溜まった宿便を排出する効果があることから、すっきり大根などという呼び方もあります。

具体的には、以下のやり方が正しい梅流しの方法です。

  1. 大根と梅干しの煮汁を茶碗一杯飲む
  2. 大根や梅干しを食べる
  3. 1と2を繰り返す

梅流しの詳しいレシピを知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

参考:梅流しで腸内デトックス!効果や作り方、食べる際のポイントを紹介​​

梅流しに期待できる効果

梅流しを行うと、大根と梅干し両方の栄養を同時に摂取できます。

大根にも梅干しにも腸内環境を整える効果があり腸の働きが活性化されるため、便秘の改善に効果的です。

腸は第二の脳と呼ばれたり、人間の本体は腸と言われるなど重要な器官です。

ある研究では、腸内環境が良くなることで肌トラブルが改善したという結果が出ています。

またある研究では、乳酸菌などの善玉菌が免疫力を高めて、発がんリスクを低下させることが示されています。

梅流しは、腸内環境を整えることで心身共に健康を目指すことができるのです。

出典:第15回腸内細菌学会「腸内細菌が皮膚生理に及ぼす影響

出典:日本口腔・咽頭科学会「身体を守る免疫の話:乳酸菌とNK細胞

梅流しの危険性は?やばいと言われる4つの理由

健康や美容に嬉しい効果がたくさんある梅流しですが、なぜ「やばい」と言われているのでしょうか。

梅流しに危険性があると言われる理由について、一般的に言われていることをご紹介します。

  • 理由①:塩分が高く、高血圧につながる
  • 理由②:断食による体調悪化リスクがある
  • 理由③:善玉菌まで流してしまう
  • 理由④:腸壁を荒らしてしまう

理由①:塩分が高く、高血圧につながる

理由の一つ目は、梅干しは塩分が高い食べ物であるため、食べすぎると高血圧に繋がる恐れがあるからです。

食品成分データベースによると、梅干し100gあたりの塩分は、塩漬けで18.2g、調味漬で7.6gとされています。

日本人の食事摂取基準における塩分の目標量は、1日につき成人1人あたり男性7.5g未満、女性では6.5g未満に設定されています。

つまり、梅干しを1個食べることで、塩分の目安量を超えてしまうのです。

そのため、高血圧が気になる方は塩分控えめの梅干しを食べるのがおすすめです。

例えば、プラムレディのうすじお味の梅は、塩分7%にまで減塩してあり、昔ながらの梅干し(塩分20%)の半分以下の塩分量しかありません。

出典:厚生労働省「ナトリウム | e-ヘルスネット

理由②:断食による体調悪化リスクがある

梅流しを行う前に、長時間の断食(ファスティング)を挟むケースがあります。

断食の時間はやり方によって異なりますが、半日の場合もあれば、48時間以上の場合もあります。

そのため、普段から断食をする習慣がない人には、負担が大きくなる可能性が高いです。また、空腹で気持ち悪いと感じる、イライラしやすい、集中力が低下するなどのリスクもあります。

梅流し以前に体調不良になっては元も子もないので、無理をしないことが大切です。

梅流しは断食しないで行う方法もあり、1日1食を梅流しに替えるだけで効果が期待できます。

断食に不安がある方は、断食しないで行う梅流しから始めても良いです。

理由③:善玉菌まで流してしまう

梅流しは、腸内に溜まった宿便や毒素、悪玉菌を排出するのに効果的です。

その一方で「善玉菌まで流してしまうから良くない」とも言われています。

善玉菌とは、腸の活動を活性化させる良い腸内細菌のことで、悪玉菌の活動を抑える役割があります。

しかし、実際に「梅流しによって善玉菌まで流れてしまう」ことを証明した実験があるわけではありません。

むしろ、梅干しに含まれる植物性乳酸菌は善玉菌のエサになるため、善玉菌を増やす効果が期待できます。

梅流しのやり方

梅流しを成功させるのに最も重要なのは、正しい方法で行うことです。

梅流しには大きく分けて2つのやり方があります。

  • 断食してしっかり腸活する
  • 断食なしで気軽に腸活する

以下で詳しく解説します。

断食してしっかり腸活する

梅流しを断食して行う方法ですが、2日連続の断食はハードルが高いと感じる方も多いと思います。

ここでは、1日だけ断食して梅流しを行う方法をご紹介します。

【断食を開始する前日】

夕食を少なめにし、十分な睡眠を摂る。

【梅流しの前日】

朝から夜まで何も食べない。(水は飲んでもOK)

【梅流しの当日】

  1. 大根と梅干しを煮て梅流しの材料を作り、煮汁を飲む。
  2. 大根と梅干しを食べて煮汁を飲む工程を繰り返す。
  3. 食べている最中〜1時間程度で便意を感じ始めるので、排泄する。
  4. 水様便が出始めたらトイレの近くで待機する。
  5. (梅流しを朝行った場合)昼食もしくは夕食には消化の良い物を食べる。

梅流しの翌日から1週間程度は、消化が悪く胃腸に負担になる食べ物は控えるようにしてください。

断食なしで気軽に腸活する

梅流しは断食せずに行う方法もあります。具体的には、1日1食を梅流しに替えるだけという簡単なやり方です。

ここでは、梅流しの材料と作り方をご紹介します。

<材料(1人分)>

・水……1.5リットル

・大根……1/2本

・梅干し……1~2個

・だし用昆布……15g(お好みで)

<作り方の手順>

  1. だし用昆布の汚れを取り除き、水に浸す。
  2. タッパーやジップロックに水と昆布を入れ、30分以上冷蔵庫に置く。
  3. 鍋に水を入れ、取り出した2を移して加熱する。
  4. 中火で煮込んで、沸騰する前に昆布を取り除く。
  5. よく洗った大根を1〜2cm程度の輪切りにする。
  6. 鍋に大根を入れ、箸が刺さるくらいの柔らかさになるまで中火で煮込む。
  7. 6につぶした梅干しを入れて5分程度煮る。
  8. 鍋をかき混ぜて完成。

この方法は断食しない分、負担も少ないです。

梅流しの効果を最大化!食べる際の4つのポイント

実際に梅流しをやってみたけど効かなかった、意味ないと感じた方は、食べ方が間違っている可能性があります。

梅流しの効果を最大化するには、食べる際に4つのポイントを押さえておく必要があります。

  • 空腹時に食べる
  • 予定がないときに食べる
  • 運動で腸を刺激する
  • 食べすぎないよう気を付ける

以下で詳細に解説します。

空腹時に食べる

梅流しは満腹時に行っても効果が出ない可能性があります。

梅流しを朝に行う場合、前日は断食するもしくは夕食を少なめにすると良いです。

断食をせずに行う場合は、朝食と昼食を摂り、夕食を梅流しに置き換えても良いです。

梅流しの前には間食なども良くないため、できる限り空腹時に食べるようにしてください。

予定がないときに食べる

梅流しを行うと、通常の便が排出されるだけでなく、水様便が続けざまに排出されるケースがあります。

梅流しを行なった場合、便意で何度もトイレに行く必要があるため、外出前の梅流しには注意が必要です。

また、梅流しを行った後は、しばらくお腹がごろごろするという人もいます。

仕事に出かけたり誰かと会ったりする予定がある日は避けて、休日やスケジュールに余裕がある日を選ぶようにしてください。

運動で腸を刺激する

梅流しを行なっても、なかなか便意がこない人もいます。

腸内環境は人によって異なるため、もともと腸の働きが悪くなっている人は、効果が出るのに時間を要する場合があります。

梅流しの効果を早めるためには、腸を刺激して蠕動運動を活性化させるのがポイントです。

簡単な体操やストレッチを行うのが良く、散歩やウォーキングなど軽めの運動を行って様子を見てください。

ただし、急に便意が現れることがあるため、運動の際はいつでもトイレに行けるような環境で行うことが大切です。

食べすぎないよう気を付ける

梅流しは飲む量や食べる量を増やしたからといって、いきなり効果が高まるものではありません。

むしろ、過剰に行うことで前述の危険性に繋がってしまうことがあるため、食べすぎには注意が必要です。

また、梅流しを短期間に連続して行うと、栄養が偏ったり栄養不足になったりする恐れがあります。

そのため、毎日行うのではなく、便秘に悩んでいる時や食べすぎた後など、必要に応じて行うようにしてください。

プラムレディの梅干しで美味しい梅流しを作ろう!

梅流しがやばいと言われる理由や危険性について解説しました。

梅流しはさまざまな効果が期待できるため、注意点をしっかり守って行えば、健康や美容に良い変化を与えてくれるものです。

また、梅流しを一つの楽しみとして行いたい方には、美味しい梅干しを選ぶことをおすすめします。

プラムレディでは、昔ながらのしょっぱい梅干しから塩分控えめの減塩梅干し、女性やお子さまに人気のはちみつ梅干しなどいろいろな種類の梅干しを取り扱っています。

ぜひ、プラムレディの梅干しで美味しい梅流しを作ってみてください。