梅干しは胸焼けに効果的?胸焼け防止のおすすめ食べ方を紹介

最終更新日:

胸焼けになった場合、その改善策の1つが梅干しです。

梅干しにはさまざまな栄養素が入っており、胸焼けにも効果があります。

また、食べやすいように手を加えることで、胸焼けしている時にも美味しく食べることが可能です。

本記事では、食事後の胸焼けに困ったときに、手軽に対処できる方法や梅干しを使ったレシピをご紹介します。

胸焼けの予防にも効果があるため、ぜひ参考にしてください。

梅干しは胸焼けに効果あり

一般的に梅干しは胸焼けに効果的と言われています。

その理由は、梅干しに含まれる有機酸が胃酸を中和し、胸焼けを和らげる効果があるからです。

梅干しにはクエン酸という有機酸が豊富に含まれており、これが胃の調子を整える役割を果たします。

たとえば、胸焼けで辛い時に、梅干しを一つ舌に乗せるだけでもその効果を実感できる場合があります。また、梅干しの酸っぱさが胸焼けを緩和する手助けとなるのです。

梅干しはその他にも様々な栄養素を含んでいるため、健康的な食生活を送るための一つの選択肢となります。

胸焼けが起こる原因

胸焼けが起こる原因にはさまざまあります。

胸焼けの原因を知ることで、日常生活で胸焼けを予防するための対策を立てることができ、より快適な食生活を送ることができます。

具体的な原因は以下です。

  • 脂肪分の高い食事の後
  • 食べ過ぎや飲み過ぎ

以下で詳細を解説していきます。

脂肪分の高い食事の後

脂肪分の高い食事の後に胸焼けが起こることがあります。

その理由は、脂肪分が多い食事は胃での消化に時間がかかり、胃酸の分泌を促すためです。

胃酸が多く分泌されると、胃酸が食道に逆流しやすくなり、それが胸焼けを引き起こすと考えられています。

たとえば、フライドチキンやピザ、バーガーなど、脂肪分が高い食品を摂った後に胸焼けを感じることがあるかもしれません。

これらの食事は胃酸の逆流が原因である可能性が高いです。

脂肪分の高い食事を摂るときは、食後に胸焼けが起こりやすいので、その予防策として梅干しを食べるという選択肢もあります。

梅干しの酸味が胃酸を中和し、胸焼けを軽減する手助けをしてくれます。

食べ過ぎや飲みすぎ

食べ過ぎや飲みすぎも胸焼けを引き起こす要因となります。

過度の飲食が胃を過度に膨らませ、その結果、胃の内容物が食道に逆流しやすくなるからです。

たとえば、大量の食事を摂った後、特に横になると、胃の内容物が食道に逆流しやすくなります。

また、アルコールやカフェインなどの摂取も胃酸の分泌を促し、胸焼けを引き起こす可能性もあるのです。

適度な飲食と共に、胸焼けに効果があるとされる梅干しを食事に取り入れることで、胸焼けの発生を抑えられます。

食事の際には、適度な量と共に梅干しを試してみてはいかがでしょうか。

梅干しを食べることで得られる効果

梅干しを食べることで得られる効果は多岐に渡ります。

  • 自律神経への効果
  • 疲労回復効果
  • 肝臓や臓器への効果
  • ダイエット効果

日々の食事に梅干しを取り入れることで、胸焼けの予防はもちろん、全体的な健康維持にも寄与することができます。

梅干しを食べることで得られる効果について、より詳しく梅の効果を知りたい方はこちらの記事もご覧ください。

参考:梅干しによる効果はどんなことがあるの?実際に起こる良い効果と食べ方の注意点について解説

梅干しに含まれる栄養

梅干しには多くの栄養が含まれています。

代表的な栄養素は以下の通りです。

  • カリウム
  • ポリフェノール
  • クエン酸
  • カルシウム
  • 鉄分
  • ビタミンE
  • バニリン

その中でも、最も注目すべき栄養素はクエン酸です。

クエン酸は、胃酸を中和する働きがあり、胸焼けの緩和に貢献します。

また、クエン酸は疲労回復にも役立つとされています。

さらに、梅干しには抗酸化作用のあるポリフェノールも含まれているのです。

これは体内の活性酸素を除去し、健康維持に寄与します。

毎日の食事に梅干しをプラスするだけで、胸焼けの予防と健康維持を同時に目指すことが可能です。

より詳しく梅干しに含まれる栄養についてより詳しく知りたい方はこちらも合わせてご覧ください。

参考:梅干しの栄養は?梅干しに含まれている栄養素と梅干しの選び方について解説

胸焼けのときでも食べやすい梅レシピ

本章では、胸焼けの際でも食べやすい、梅を使ったレシピについて紹介します。

このレシピを知っておくと、体調がすぐれないときでも、食事による楽しみや栄養補給を確保でき、健康管理に役立てられます。

具体的に紹介する内容は以下の通りです。

  • レシピ①:梅湯
  • レシピ②:梅がゆ
  • レシピ③:焼き梅干し
  • レシピ④:梅干しおにぎり
  • レシピ⑤:梅かつお和え

以下で具体的なレシピについて紹介していきます。

胸焼け時でも食べやすいレシピ①:梅湯

梅湯は、梅干しのエキスを熱湯で抽出したもので、梅干しの栄養を手軽に摂取できます。

梅干しに含まれるクエン酸が胃酸を中和し、胸焼けを軽減します。

以下の簡単な手順で梅湯を作ることが可能です。

  1. まず、梅干しを一つ選び、種を取り除きます。
  2. その後、カップに入れて熱湯を注ぎ、2〜3分待ったら梅湯の完成です。

梅湯は食事と一緒に飲むことで、胸焼けを予防できます。

また、胸焼けが起こった時にも、胃に優しく、早期の回復を助けることが可能です。

梅湯は、そのまま飲むほかにも、料理の隠し味としても利用できます。

ぜひ梅湯を試して、梅干しの効果を実感してみてください。

胸焼け時でも食べやすいレシピ②:梅がゆ

梅がゆはご飯をお粥状に炊き上げ、梅干しを加えた一品で、胃に優しく胸焼けの緩和に有効です。

梅干しに含まれるクエン酸が胃酸を中和し、胸焼けの不快な症状を緩和します。

以下の手順で梅がゆを作れます。

  1. まず、ご飯と水を鍋に入れ、弱火で炊きます。
  2. 途中で何度かかき混ぜながら、30分ほど炊き続けます。
  3. その後、種を取り除いた梅干しを加えて、さらに5分ほど炊いたら完成です。

梅がゆは、胸焼けが起きたときに、胃に優しく栄養を摂取できる食事です。

また、お粥自体が体温を上げる効果もあり、体調管理にも役立ちます。

梅がゆは、そのまま食べるのはもちろん、お好みで具材を加えてアレンジすることも可能です。

胸焼けを感じたときには、梅がゆを試してみてください。

胸焼け時でも食べやすいレシピ③:焼き梅干し

焼き梅干しはその名の通り、梅干しを焼いたもので、梅干しの香りを引き立て、食欲を増進させます。

さらに、梅干しに含まれるクエン酸が胃酸を中和し、胸焼けを緩和する効果も期待できます。

具体的には、以下のような手順です。

  1. まず、梅干しを一つ選び、種を取り除きます。
  2. その後、フライパンで中火にかけて両面を焼きます。
  3. 焼き色がついたら完成です。

焼き梅干しは、そのまま食べるのはもちろん、ご飯と一緒に食べると、美味しさが増します。

胸焼けを感じたときには、焼き梅干しを試してみてください。

焼き梅干しは、その香ばしさと梅干し特有の酸味で、胃腸をリフレッシュさせることが期待できます。

胸焼け時でも食べやすいレシピ④:梅干しおにぎり

梅干しおにぎりは、ご飯に梅干しを加えて握ったシンプルな料理です。

梅干しの酸味が食欲を刺激し、さらに、含まれるクエン酸が胃酸を中和する効果もあります。

以下の手順で梅干しおにぎりが作れます。

  1. まず、梅干しの種を取り除きます。
  2. 種を抜いた梅干しをご飯に混ぜ込んでお好みの形に握ったら完成です。

梅干しおにぎりは、手軽に作れて持ち運びもしやすく、いつでもどこでも梅干しの効果を利用できます。

胸焼けを感じたときには、梅干しおにぎりを試してください。

胸焼け時でも食べやすいレシピ⑤:梅かつお和え

梅かつお和えは、梅干しと削り節を合わせた一品です。

梅干しの酸味と削り節のうまみが絶妙に結びつき、食欲を刺激します。

また、梅干しに含まれるクエン酸が胃酸を中和し、胸焼けの不快な症状を緩和します。

梅かつお和えの作り方はとても簡単です。

まず、種を取り除いた梅干しをたたき、削り節と一緒に混ぜます。それだけで、梅かつお和えの完成です。

梅かつお和えは、そのまま食べるのはもちろん、ご飯のお供やサラダのトッピングとしても楽しめます。

胸焼けが起こったときには、梅かつお和えを試してみてください。

そのほかの梅干しを使ったレシピを知りたい方はこちらもご覧ください。

参考:梅エキスの使い方は?美味しい食べ方・飲み方・レシピを紹介

梅干し食べる際の注意点

梅干しは1日の食べる量を守りさえすれば問題はありません。

しかし、食べ過ぎには注意が必要です。梅干しに含まれる塩分は高めで、大量に摂取すると高血圧のリスクが上がる可能性があります。

また、梅干しには種がありますので、誤って飲み込まないように注意が必要です。

特に小さなお子様が食べる際は、大人がしっかりと監視してください。

食べ過ぎによる作用が気になる方はこちらの記事もご覧ください。

参考:梅干しの食べ過ぎは塩分が多い?健康のリスクや1日何個までなら大丈夫かを紹介

梅干を食べるなら一日1個がおすすめ

梅干しの塩分含有量は比較的高く、その量は梅干しの種類や製造法により異なりますが、一般的には約8〜20%程度と言われています。

一般的な大きさの梅干し1個(約10g)には約1〜2gの塩分が含まれています。

これは、日本の厚生労働省が推奨する1日の食塩摂取量の上限(一般的な成人の場合、5g/日)の約20〜40%に相当する量です。

したがって、塩分摂取量を適正にコントロールする観点から、一日に食べる梅干しの量は1個程度が適切と言えます。

対処法として、梅干しを食べる際には十分に水分を摂ることにより、塩分の適切な代謝と排泄が促進されます。

なお、塩分の少ない梅干しや、塩分を洗い流した梅干しを利用するという選択肢もあるので、自身の体調にあった商品を選んでみてください。

プラムレディで自分に合った梅干しを選ぼう

梅干しは胸焼けに対する効能で広く知られています。

その背後にある主な理由は、梅干しに含まれる有機酸が胃酸を調整し、胸焼けを軽減するためです。

さらに、梅干しには他にも多くの栄養素が含まれており、健康に気をつけている人々にとって良い食事の選択肢となります。

胸焼けに困っている方は、試しに梅干しを口にしてみてはどうでしょうか。

プラムレディは、紀州みなべ産の厳選された南高梅を使用しています。

自社農園と地元の信頼できる梅農家から原材料を調達し、梅樹園の秘伝の調味料で風味を付けた一流の商品のみを提供しています。

特に、梅樹園独自の甘茶づる梅、フランス産ハチミツ梅、元祖かつお梅などの自社開発商品が多数あり、選びやすい品揃えです。

この機会に、ぜひプラムレディの梅干しをお試しください。