梅酢濁りの原因を3つ解説|梅干し破れやカビの繁殖に注意しよう

最終更新日:

梅酢濁りの原因を3つ解説|梅干し破れやカビの繁殖に注意しよう

梅干しを作った際に、梅酢が濁ってしまったことがある方は多いです。

梅酢の濁りは品質に影響する可能性があり、場合によっては梅干し自体が食べられなくなることもあるので注意が必要です。

そのため、梅干し作りを成功させるためには、梅酢の濁りを防ぐことが重要になります。

この記事では、梅酢が濁る原因とその対処法について解説していくので、ぜひ最後までご覧ください。

梅酢に濁りが生じる原因

自家製の梅干しを作る際、梅酢に濁りが生じることがあります。

本章では濁りが生じる主な理由を3つご紹介していきます。

  • 梅の果実が崩れ成分がにじみ出している
  • 産膜が発生している
  • カビが発生している

以下で詳しく解説していきます。

①梅の果実が崩れ成分がにじみ出している

梅の実が崩れて溶け出すと、梅酢が濁ることがあります。

この現象は、梅の皮が破れてしまい、果肉が浮遊物として存在しているため、食品の品質や安全性には影響ありません。

味や香りに問題がなければ、特に対処は必要ないので安心してください。

梅の実が崩れることで濁った梅酢は、むしろ梅酢がより豊かな風味や味わいを持つことを意味します。

このように味や香りにも異常がなければ、特に何もする必要はありませんので、安心して梅干しの完成をお待ちください。

梅干し完成後、梅酢に梅の果肉が残っているのが気になる場合は濾過してください。

②産膜酵母が増殖している

梅酢の表面に白い膜のようなものが見られることがあります。

これは産膜酵母と言われる微生物で、耐塩・耐酸性を持つ酵母が増殖している状態です。

産膜酵母自体は体に影響を与えない酵母ですが、産膜酵母の膜の上にカビが繁殖することがあるため、産膜酵母を見つけたらすぐに取り除いてください。

梅酢の表面に産膜が見られる際は注意が必要です。

③カビが発生している

梅干し作りの際に水分が残っていたり、消毒・塩が不足しているとカビが発生することがあります。

青カビや黒カビ、白カビなどが浮いている場合は味や香りに劣化が生じているため、飲むのは危険です。

なぜなら、カビの発生は食品の品質や安全性に悪影響を及ぼし、カビにより生成される毒素は健康を害し、食中毒を引き起こす可能性があるからです。

そのため、適切な処置をする必要があります。具体的には以下の対応が必要です。

1. 梅酢から梅を取り除き、更に目に見えるカビ・カビの原因となっている梅を廃棄します。
2. 梅を取り除いた梅酢を煮沸消毒します。
3. 梅干しを漬ける容器をアルコールで消毒し、梅酢・梅を戻します。

この際にカビの繁殖の原因である水分が混入しないように注意してください。

また、追加で塩を入れておくと安心です。また、カビの発生を防ぐためには、適切に管理することが重要です。

適切な温度と湿度を保ち、衛生的な環境にすることでカビの発生リスクを最小限に抑えることができます。

梅酢に濁りが発生したときの対処法

梅酢が濁ってしまい、その原因が特定できない場合のおすすめの対処法を3つご紹介します。

  • まず匂いや味が正常か確認する
  • 変な匂いがある場合には対処をする(すえた匂い,アルコール臭)
  • 梅干しの仕込み中なら梅にも消毒措置をする

以下で詳しく解説します。

①まず匂いや味が正常か確認する

梅酢が濁っていた場合、まずは匂いを確認することが重要です。

特に嫌な匂いがなければ問題ありません。

もし梅酢がアルコールのような匂いを放っている場合は、危険なサインです。

このような匂いは、悪臭や発酵の兆候を示している可能性があるので、梅酢を廃棄してください。

②変な匂いがある場合には対処をする(すえた匂い,アルコール臭)

梅酢からアルコールの匂いが強く感じられる場合、発酵が始まっている可能性が高いです。

アルコールのような臭いは異常な発酵の兆候であり、それは飲用することが危険であることを意味します。

そのため、このような状況では、残念ながら梅酢を廃棄することを検討する必要があります。

または、正しい手順で新しい容器に梅酢を移し替えることも可能です。

まず、煮沸によって十分に消毒された清潔な容器を用意し、濁った梅酢を濾し器や布などを使用して、濁りや不純物を取り除き煮沸消毒します。

そして、新しく移し替えた梅酢は適切な温度と湿度で保管することが重要です。

梅酢を保存したい場合は、涼しい場所や冷蔵庫での保管がおすすめです。

この流れを理解し、適切に行えば、梅酢の品質を保つことが可能となります。

③梅干しの仕込み中なら梅にも消毒措置をする

まだ梅干しを付けている段階で過剰な発酵が起こっていた場合、梅干しへも影響が出てしまう可能性があります。

煮沸消毒された清潔な新しい容器に移し替えることで、梅干しの消毒措置を行ってください。

早めに消毒措置を取ることで梅干しへの悪影響を防ぐことができます。

梅干しの仕込み中は、頻繁に梅酢の状態を確認することが大事です。

梅酢の濁りに関するQ&A

本章では、梅酢の濁りに関する質問に対して回答していきます。

  • 濁っていない梅酢はどのくらい保存できますか?
  • 濁りに対処したあとの梅酢は飲めますか?
  • 梅酢の濁り再発を防止する方法はありますか?

以下で詳しく解説していきます。

①濁っていない梅酢はどのくらい保存できますか?

梅酢の保存期間は、塩分濃度によって異なります。

塩分濃度が高い場合、通常は常温で何年も保存できます。

一方、塩分濃度が低い場合は、冷蔵庫で保存し、半年以内に使い切ることが望ましいです。

塩分濃度の基準として、一般的には15%以上が推奨されています。

高い塩分濃度は、微生物の成長を抑制し、梅酢の品質を保つ役割を果たします。

塩分が15%以上であれば、梅酢は非常に安定しており、室温で保存しても長期間の保存が可能です。

ただし、塩分濃度が低い場合は、微生物の成長が進みやすく、品質の劣化が起こりやすくなります。

そのため、塩分濃度の低い梅酢を保存する際には冷蔵庫で保管し、早めに使い切ることをおすすめします。

②濁りに対処したあとの梅酢は飲めますか?

濁りに対処した後の梅酢は、変色や色、香りの変化がない場合、食用として使用することができます。

ただし、劣化が著しく、異臭や変な味がある場合は、食べるのは避けた方がいいでしょう。

劣化が進んでしまった梅酢は、飲用や調理ではなく、キッチン周りを清潔に保つための消毒や掃除など、非食品目的での使用が好ましいです。

梅酢を飲むことによって得られる効果について詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。

参考:梅酢を飲むと得られる7つのメリット|美味しく飲むためのコツも解説

③梅酢の濁り再発を防止する方法はありますか?

梅干しの製造時に濁りを防ぐためには、以下のポイントに注意することが重要です。

製造過程で使用する容器や落し蓋、重しの清潔さが大切です。

これらはすべて熱湯で消毒することで、微生物の混入を防ぎ、梅干しの品質を守ることができます。

さらに、梅を洗った後の水分処理も重要です。

洗った梅は清潔な布でしっかりと水分を拭き取り、余計な湿度を防ぐことが必要です。

これにより、カビのリスクを低減することができます。

最後に、保存場所の選択も大切です。

暑いところでの保存はカビやすくなり、濁りの原因になる可能性があるため、冷暗所に置いておくのがおすすめです。

以上のポイントに注意して、美味しく、安全な梅干し作りをしてみてください。

梅酢ならプラムレディがおすすめ!

本記事では、梅酢が濁ってしまう原因や対処法を詳しく説明してきました。

自宅で梅干しを作ることは可能ですが、カビが生えてしまい、上手く作れない場合もあります。

質の良い梅酢が欲しい場合は、お店で購入するのもおすすめです。

プラムレディは、梅干しだけでなく無添加梅酢も販売しています。

この梅酢は、お肉や魚料理の下ごしらえから、鶏むね肉の唐揚げなど、様々な料理で活躍する万能調味料です。

日本の食文化を代表する梅酢を、プラムレディが美味しさと健康を追求した一品としてお届けします。