梅エキスは腹痛緩和に効果あり!おすすめの食べ方・タイミングも紹介

最終更新日:

梅エキスにはさまざまな効果があり、その中でも「腹痛に効く」と聞いたことがある方も多いと思います。

梅エキスは、クエン酸やムメフラールなどの有効成分が豊富に含まれており、食中毒や細菌感染の予防効果や便秘の解消効果が期待できる食品です。

ただ、その効果が本当なのか、どのように取り入れたら良いのか悩む方は多いです。

そこでこの記事では、梅エキスの効果や使い方について詳しく解説します。

この記事を読むことで、効果や摂取方法について詳しく理解できるだけでなく、腹痛や下痢の緩和に役立つ知識を得ることができます。ぜひ参考にしてください。

梅エキスとは

梅エキスとは、健康や美容に良いとされる食品のひとつです。

青梅のしぼり汁を長時間加熱してペースト状にしたもので、梅肉エキスとも呼ばれます。

梅エキスには、クエン酸やビタミンCなどの有効成分が豊富に含まれており、疲労回復や免疫力向上などの効果が期待できます。

また、最近では梅エキスを粒状に加工した梅肉エキス粒も登場しました。

そのため、梅が苦手な人であっても手軽に摂取できるようになっています。

梅エキスは腹痛や下痢の緩和に効果的!

梅エキスは、下記の効果が期待できることから、腹痛や下痢の緩和に役立ちます。

  • 食中毒・細菌感染の予防効果が期待できる
  • 便秘の解消効果が期待できる

それぞれの効果について詳しく見ていきましょう。

食中毒・細菌感染の予防効果が期待できる

梅エキスには、食中毒・細菌感染の予防効果が期待できます。

梅エキスに含まれるクエン酸には、食中毒や細菌感染を引き起こす可能性のある菌を殺菌する効果が期待できるからです。

また、抗菌・滅菌作用のあるカテキン酸を含み、食中毒を引き起こす菌や、悪玉菌の増殖を抑制することも理由のひとつです。

このように、梅エキスは食中毒や細菌感染の予防に有効な食品と言えます。

出典:CiNii「梅に関する研究

便秘の解消効果が期待できる

梅エキスには、便秘の解消効果も期待できます。

これは、梅エキスに含まれるクエン酸に、悪玉菌の増殖を抑制する効果が期待できるからです。

また、腸を刺激して便意を促す働きもあるとされています。

加えて、酸化マグネシウムとして薬にも使われている「マグネシウム」には、便器改善効果が認められています。

このように梅エキスは、便秘を解消するために必要な腸の動きを全体的にサポートしてくれる食品です。

出典:TBS「​​より健康効果のある梅干しの食べ方の差
出典:健栄製薬「【医師監修】便秘になったら梅干しが効果的? オススメの食べ方を紹介

梅エキスは胃痛の緩和効果も期待できる

梅エキスは、腹痛や下痢の緩和だけに限らず、実は胃痛の緩和効果も期待できると言われています。

その理由は、梅エキスに含まれるクエン酸やポリフェノールが、胃炎や胃潰瘍の原因となるヘリコバクター・ピロリ菌の増殖を抑制するからです。

この菌は胃の粘膜を傷つけて炎症を引き起こし、胃痛や胸焼けなどの不快な症状をもたらします。

また、梅エキスには「トリテルペノイド」という成分が含まれており、これが癌の予防や治療に役立つ可能性が研究で示されています。

トリテルペノイドは、癌の原因となる炎症を抑える効果や、癌細胞の増殖を防ぐ能力があり、その効果は癌治療に対する新たなアプローチとして期待されています。

今後の研究によってその効果がより明らかになり、新しい治療法や予防策の開発に寄与するかもしれません。

それ以外にも梅エキスにはさまざまな効果が期待できます。梅エキスの効果について詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

参考:梅エキスにはこのような効果がある!実際に表れる凄い効果と飲む際に注意することについて解説

参考:梅エキスは癌(がん)に効果があり?|効果があるとされる症状も合わせて解説

出典:事業思想「全国70万人の「がん難民」に貢献したい

梅エキスはどうやって食べる?おすすめの6つの使い方

梅エキスは、そのままでは酸っぱくて食べにくいと感じる方も多いでしょう。

そこで、梅エキスをおいしく食べるための6つの使い方を紹介します。

  • ①そのまま舐める
  • ②水・お湯・炭酸水で割って飲む
  • ③ヨーグルトに混ぜて食べる
  • ④おかゆに加えるて食べる
  • ⑤醤油や味噌に混ぜる
  • ⑥ドレッシングに混ぜる

①そのまま舐める

最もシンプルな方法は、梅エキスをティースプーン1杯程度をすくってそのまま舐めることです。

梅エキスは酸味が強いので、一度に大量に舐めると舌がしびれるかもしれませんが、少しずつなら爽やかな味わいが楽しめます。

また、そのまま舐めることで、梅エキスの成分が口腔内で吸収されやすくなります。

口臭予防や喉の痛みにも効果的です。

②水・お湯・炭酸水で割って飲む

梅エキスは、水・お湯・炭酸水など好みのもので割って飲むこともできます。

水や炭酸水ならさっぱりとした飲み物になりますし、お湯なら胃腸が温まるため便秘解消にもおすすめです。

梅エキスの量は自分の好みに合わせて調整してください。

一般的には、100mlの水やお湯に対して小さじ1杯程度が目安です。

③ヨーグルトに混ぜて食べる

梅エキスは、ヨーグルトに混ぜて食べることもおすすめです。

梅エキスの酸っぱさがヨーグルトの酸味と良くあい、さわやかな味わいになります。

また、ヨーグルトには乳酸菌が含まれており、梅エキスと一緒に摂取することで腸内環境を整える効果があります。

ヨーグルトとの組み合わせは、デザートとしても毎日の食事に取り入れやすい方法です。

参考:医療法人社団ホームアレー「毎日でも取り入れたり「梅ヨーグルト」の効果

④おかゆに加えて食べる

梅エキスは、おかゆに加えて食べることもできます。

梅干しをおかゆに乗せて食べる方は多いですが、梅エキスでも合います。

梅エキスは塩分を含んでいないため、塩分制限が必要な方でも安心して食べられます。

また、梅エキスは消化を促進する効果があるので、胃腸が弱っている時や風邪を引いた時などにも最適です。

⑤醤油や味噌に混ぜる

梅エキスは、醤油や味噌に混ぜてそのまま使うのも、料理の隠し味として使うのもおすすめです。

梅エキスは酸味と旨味があるので、醤油や味噌と相性が良く、味に深みやコクを出します。

たとえば、梅エキスと醤油を混ぜてお刺身や焼き魚にかけたり、梅エキスと味噌を混ぜて味噌汁や煮物に加えたりすると、一味違った風味が楽しめます。

⑥ドレッシングに混ぜる

梅エキスは、ドレッシングに混ぜることもできます。

野菜にかければ、和風サラダとして美味しく食べられます。

梅エキスはオリーブオイルや酢ともよくあいますし、レモンやハチミツなどを加えるとさらに風味豊かになります。

梅エキスは抗酸化作用があるので、野菜の栄養素を守る効果もあります。

梅エキスを食べるタイミング

梅エキスを食べるタイミングは、下記の2つに分けられます。

  • 空腹時以外に食べる
  • 夜寝る前もおすすめ

それぞれについて詳しく見ていきます。

空腹時以外に食べる

梅エキスは、空腹時に食べると胃に負担をかける可能性があります。

梅エキスは酸性度が高く、胃酸と反応して胃の粘膜を刺激するからです。そのため、空腹時に食べるのは避けるのが無難です。

また、梅エキスは食欲を増進させる効果もあるので、空腹時に食べると過食につながる可能性もあります。

梅エキスを食べるなら、食事の前後や間食として摂るのがおすすめです。

梅エキスの飲むタイミングについて、より詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

参考:梅エキスの飲み方のおすすめは?飲むタイミングや飲み方について梅エキス生産者が徹底解説

夜寝る前もおすすめ

1日の疲れをとりたい場合は、梅エキスを夜寝る前に食べるのもおすすめです。

梅エキスに含まれるクエン酸には、筋肉や神経に溜まって疲労感を引き起こす乳酸の分解を促進する作用があるためです。

金沢大学の研究論文には、クエン酸と酢酸が剣道のような激しい運動後の疲労回復に有効かを検証した結果が公開されています。

金沢大学剣道部の男子学生14名を2グループに分け、運動後にクエン酸または酢酸を投与し、疲労回復に効果があるかを調べたものです。

クエン酸を含む有機酸が乳酸を分解し、疲労回復促進効果を持つことが実証されたことで、健康増進に役立つことが期待されています。

また、クエン酸は血液の流れを良くする効果もあるので、睡眠中に体内の老廃物を排出しやすくなることも期待できます。

このように、梅エキスは夜寝る前に食べると疲れがとれたり、翌朝の目覚めが良くなったりする効果が実証されているのです。

出典:脳梗塞のリハビリ施設ガイド「血栓予防の働きがあるクエン酸について詳しく紹介

プラムレディの梅エキスで腹痛を緩和・予防しよう

梅エキスは、青梅の果汁をゆっくり煮詰めて有効成分を凝縮した栄養たっぷりのヘルシーエキスです。

腹痛の緩和に効果があり、さまざまな使い方でおいしく楽しめます。

また、夜寝る前に摂ることで疲れの回復や良質な睡眠にも役立ちます。

ただし、空腹時に摂ると胃に負担をかける可能性があるため、食事の前後や間食として摂ることがおすすめです。

プラムレディの梅エキスは、下記のようなこだわりがあります。

  • 紀州産南高梅を使用
  • 無添加・無着色・無香料

ぜひ、梅エキスを使って、腹痛を緩和・予防に挑戦してください。